ペルシャ絨毯 IN Facebook !

ペルシャ絨毯産地

isfahan 8

全てのクレジットカードOK

shiharai 01

SSL Secure Site !

Ssl seal 1

ギャッベとは

ギャッベとは、ペルシャギャッベ、ギャベ、

 ギャッべは伝統的なペルシャ絨毯の一種で、イラン南部で古くから遊牧生活を送るカシュカイ族の女性達により昔から織られてきた羊毛(ウール)の手織り絨毯です。ギャッベという名前はペルシャ語の「自然な、粗い」という意味から取られおり、その素材は、彼らと遊牧生活を共に送る羊から取られた手紡ぎの100%ウール、染料は自生する草や花を使った草木染です。

 ギャッベのデザインは緻密で精巧なペルシャ絨毯とは一味違い、シンプルながらも美しいチェスト模様や、羊やヤギの動物模様、虹、山や川といったカシュカイ族の暮らしの中にある素朴で豊かな自然の風景。それらを織り手が即興でギャッベに織り込んでいきます 。ギャッベは遊牧生活に欠かせない大切な生活の一部で、テント生活の固い地面から守ってくれるギャッベは毛足も長く、厚いものでは3センチ以上のものもあります。高い耐久性を持ち遊牧民族のあたたかみを感じる素朴な色とデザインを施されたギャッベは、時を経るほど落ち着きを増し、日々の生活に溶け込んでくれます。

ギャッベ、ペルシャ手織りギャッベ

 

ペルシャギャッベ ペルシャギャッベはイランの遊牧民的な敷物であり、昔からイランの有名な民族でつくられ、自分の敷物として使う事になっていたけど最近は最も一般的になり、イランの民族だけではなく、イランから全世界に広がることになり、現代的な敷物としても人気を集めています。

イランギャッベの民族、イランでは、ファルス州に住んでいるガシュガイ民族、ロレスタンに住んでいる、ロル民族、バクチアリ民族、 バルチー民族も昔から自分の生活のためにギャッベを作っていました。

ギャッベの見た目、 ギャッベは基本的に厚みある手織りの敷物(絨毯)です。ギャッベの厚みは結び目のパイルの長さですが、作られている結び目の細かさで、ギャッベの厚みも変わります。ギャッベの結び目は細かければ、細かいほどギャッベのパイルが短くなりますが、あまり細かいギャベの結び目は一般的ではないですので、大体民族的に作られているギャベの結び目はあまり細かくないです。従ってパイルの長さは比較的長いです。場合によって2-3センチの厚みがあるギャベもあります。

gabbe persian shiraz 01

ギャベの色彩、 遊牧民的なじゅうたんギャッベはイランで昔から自然の色使いで作られていましたが、草木染めは最近非常に少なくなり、使われている色使いは化学染料が殆どです。ギャッベの色は鮮やかな、赤色、青色、黄色が多いです。

ギャッベのサイズ ギャベはイランでの各民族の敷物として使われていたときも殆ど小さいサイズが多かった見たいですが最近の作り方はじゅうたん工場に移ってきた為いろいろな大きなサイズも作られています。

ギャベの模様も殆ど自然からのイメージで、山、川、太陽、動物(特別にヤギ)、人間、などが多いです。

ギャッベの素材も全て羊のウールで作られています、イランの各民族では羊を育てるが最大の仕事ですので、その羊の毛をギャッベの材料として使っています。

 

 

Follow Us


この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 
アリヤトレーディング株式会社1998-2017 当サイトの画像、文書、ソース等はコピーライトで全て保護されております。無許可の使用は禁じます。All Rights Reserved